鹿児島相続対策研究会

鹿児島相続対策研究会(「鹿相研」)の相続対策の取組紹介
「相続」は事実の選択、「相続対策」は家族による「重なる想い」への新しい選択
「相続対策」は家族で想いを重ねる「夢プラン」…だから家族信託
NewSelection…NS「相続対策」…いつかは相続、だから事前の相続対策…

鹿児島相続対策研究会 イメージ画像
いつかは相続、だから事前の相続対策…

更新情報

オンライン相続対策無料相談会(2020.2.8「鹿相研」相談会風景)オンライン相続対策相談申込はこちらから(スマホの方)新型コロナの影響で対面が当たり前であった相続対策相談会でしたが、この様な状況下でも待った無しに訪れる相続対策に対して、相続対策専門士としてどの様に
『オンライン相続対策無料個別相談開催!!』の画像

これもある不動産管理会社から直接お聞きした事ですが、今年の8月の事でした。御夫婦で15年近く賃貸住宅へ入居中の方ですが、ご主人が先日救急搬送されたとの事。救急病院に入院。奥さんは鍵のありかが分からない・・・旦那の荷物も良く分からない・・・奥さんは、失明してい
『身元引受人から見た「住居再生・居住支援・生活支援」の必要な賃貸住宅(5)』の画像

孤独死する賃貸住宅の高齢者高齢者の孤独死は大都市だけの話ではなく、身近な市内の築年数の古いアパートではよくある話です。このお話を書こうかどうしようかと何日か迷い、作業が中断していましたが何故、賃貸住宅に「居住支援・生活支援」が必要なのかを理解して貰うため
『入居者から見た「住居再生・居住支援・生活支援」の必要な賃貸住宅(4)』の画像

老朽化した賃貸住宅の現状鹿児島市内であちらこちらに見かける築38年以上経過したアパート・マンション。覗いてみると〒ポストにチラシがぎっしりと詰まり、いかにも手入れが届いていない建物が目につきます。外観から見ると殆どの建物が、空室だらけの部屋にベランダに外れ
『建物・入居者の現状から見た「住居再生・居住支援・生活支援」の必要な賃貸住宅(3)』の画像

空室の目立つ老朽化した賃貸住宅の相続対策老朽化した空室の多い賃貸住宅の相続が揺れています。親の世代はこの賃貸住宅と共に30-40年収入が多少ともあり、賃貸住宅建設に伴う借入金等も既に終えています。その為、現在空室が多くとも幾ばくかの収入があれば老後の収入の足し
『賃貸経営者から見た「住居再生・居住支援・生活支援」が必要な賃貸住宅(2)』の画像

不動産事業の中でもとりわけ長く賃貸借住宅に係わってきた経験の中でも特筆したい事があります。築40年ほど経たアパートです。空室が増え、手入れの行き届かない建物があります。不動産業者にとって長年入退去のお世話をしてきたビジネスの友です。このアパートも住人を数世
『不動産業者から見た「住居再生・居住支援・生活支援」が必要な賃貸住宅(1)』の画像

↑このページのトップヘ