鹿児島相続対策研究会

鹿児島相続対策研究会(「鹿相研」)の相続対策の取組紹介
「相続」は事実の選択、「相続対策」は家族による「重なる想い」への新しい選択
「相続対策」は家族で想いを重ねる「夢プラン」…だから家族信託
NewSelection…NS「相続対策」…いつかは相続、だから事前の相続対策…

鹿児島相続対策研究会 イメージ画像
いつかは相続、だから事前の相続対策…

更新情報

相続を考えた新しい選択(New Selection)の「NS相続対策プラン」 1.分割対策 相続時に揉めない様に遺産分割案の作成をしておく… 2.納税対策 相続税を決められた期間内に納める為の準備をしておく… 3.節税対策 余分な税金を払わなくて良い様に節税対策をする事… 節

相続対策はいつから始めれば良いのでしょうか…相続対策とは生き様を含めた対策が必要であると考えます。大切なのは、財産の残し方や残す意味を伝える事です。 高齢になり病気や入院等があり、体調の変化を感じ始める頃になるとそろそろ人生の終末を何となく 考えるようにな
『元気な内に始める相続前対策』の画像

相続コンサルティングの開始は相続対策相談会から…相続の相談会を致しますと相続の発生前の対策と相続発生後の対策との何れかの相談者が訪れます。その為に、相談者の話を聞きながらまず手掛けるのが、家族構成を聞き家系図を作成しながら話を進めますと相談の内容の全容の
『相続対策コンサルティングの開始に』の画像

遺産分割において遺言や生前贈与が無い場合、遺産を分割するには遺産分割協議が必要です。その場合、相続人数により不動産が分割できない場合は不動産を売却して相続人間で分配する「換価分割」やある相続人が単独で不動産を相続し、その不動産に対して他の相続人の相続分を

信託の仕組みと特徴は次の様になります。信託法(信託法第1条~第271条)(1)受託者は信託財産の所有権を取得(2)受益者は受託者へ信託目的に沿った管理処分に対して請求権を有する(3)信託財産は債権者等にたいして独立機能を有する(信託財産に属する財産に対する強制執行等の制限

今後の高齢化の進展による認知症リスクや病気等により寝たきりリスクの増大や少子化・核家族化の進展によるニート、引きこもり、障害者、独身、子なし等の家族の在り方の変化や相続への対応など財産管理、資産承継等の対応が問題となってきています。民事(家族)信託にはこう

↑このページのトップヘ