今後の高齢化の進展による認知症リスクや病気等により寝たきりリスクの増大や少子化・核家族化の進展によるニート、引きこもり、障害者、独身、子なし等の家族の在り方の変化や相続への対応など財産管理、資産承継等の対応が問題となってきています。
民事(家族)信託にはこうした様々な問題点を解決する手法として期待されています。

相続対策・資産承継は意思能力が有る内にする必要があります !

家族信託親子学級

上図にあります様に民事(家族)信託の受託者は受益者の為に、委託者からの財産について管理や処分を行い、受益者に信託財産の給付を行います。
民事(家族)信託では委託者から受益者に経済価値が移転する機能を有します。又、財産の管理も受託者が行う機能を有します。この様に様々な事案を自由に付加できるところに信託の特徴があるといえます。この様な事から信託のニーズに期待されると考えられます。