家族信託は財産を管理・利活用し資産を承継できる機能を制度して実現可能とする枠組みを持つ法です。
介護信託図示事例は
施設利用費などの支払いを実現




その他には例えば、財産管理が出来ない認知症の配偶者や障害を有する子などの受益者の為に、信託財産を、信頼できる家族を受託者として管理・利活用して貰い、その運用益を受託者から受益者に対し生活費や病院代、施設利用費などの支払いの為に必要な給付を実現してもらい、その受益者が死亡して信託が終了した時は、残余財産を他の相続人や世話した寄与者に帰属させて信託を制度設計した委託者の想いを信託の目的として実現する仕組みを作る事が出来ます。