鹿児島相続対策研究会

鹿児島相続対策研究会(「鹿相研」)の相続対策の取組紹介
「相続」は事実の選択、「相続対策」は家族による「重なる想い」への新しい選択
「相続対策」は家族で想いを重ねる「夢プラン」…だから家族信託
NewSelection…NS「相続対策」…いつかは相続、だから事前の相続対策…

鹿児島相続対策研究会 イメージ画像
いつかは相続、だから事前の相続対策…

相続対策

概要2020.4.1に改正民法の施行を迎えます。多岐に渡る民法の大改正ですが、特に相続に関する改正部分を考えてみたいと思います。その1[第3条の2]「法律行為の当事者が意思表示をしなかったときは、その法律行為は無効とする」という条文が新設されます。特に相続を巡る問題で

相続を考えた新しい選択(New Selection)の「NS相続対策プラン」 1.分割対策 相続時に揉めない様に遺産分割案の作成をしておく… 2.納税対策 相続税を決められた期間内に納める為の準備をしておく… 3.節税対策 余分な税金を払わなくて良い様に節税対策をする事… 節

相続対策はいつから始めれば良いのでしょうか…相続対策とは生き様を含めた対策が必要であると考えます。大切なのは、財産の残し方や残す意味を伝える事です。 高齢になり病気や入院等があり、体調の変化を感じ始める頃になるとそろそろ人生の終末を何となく 考えるようにな
『元気な内に始める相続前対策』の画像

相続コンサルティングの開始は相続対策相談会から…相続の相談会を致しますと相続の発生前の対策と相続発生後の対策との何れかの相談者が訪れます。その為に、相談者の話を聞きながらまず手掛けるのが、家族構成を聞き家系図を作成しながら話を進めますと相談の内容の全容の
『相続対策コンサルティングの開始に』の画像

遺産分割において遺言や生前贈与が無い場合、遺産を分割するには遺産分割協議が必要です。その場合、相続人数により不動産が分割できない場合は不動産を売却して相続人間で分配する「換価分割」やある相続人が単独で不動産を相続し、その不動産に対して他の相続人の相続分を

相続時が資産設計の好機相続は単に、遺産を分割するだけではありません。不動産有効活用のコンサルティングを伴わない相続は納税だけに終わります。 財産目録を作り分割対策案を作成し、相続承継して 守る資産、活用する資産、納税の為の資産を整理する 必要があります。 昨今資産
『相続時が資産設計の好機』の画像

資産組換え相続対策アパート・マンションや土地の所有者は資産経営者としての自覚が必要です。 その為には、個々の土地や建物がどの位の収益性があるのか…資産全体を数値で把握する事が大切です。 普段から所有している資産全体の相続税評価額を調べ、想定される相続税に相
『家族を幸せにする資産承継』の画像

相続手続きに必要な書類は原則として以下となりますが、内容によっては不必要な書類もあります。①遺言書②遺産分割協議書③相続人の実印及び印鑑証明書④戸籍謄本(被相続人の改製原戸籍&祖父の除籍謄本)⑤家系図(家系図表への記載)⑥不動産の登記簿謄本⑦土地・家屋課税明
『相続手続きに必要な書類』の画像

人の死亡と相続手続きの流れ相続とは人の死亡によって、その者の財産関係を承継するものであり、相続は人の死亡によって開始する(民法第882条)人の死亡と相続手続きの流れのフローは以下となります。
『人の死亡と相続手続きの流れ』の画像

「相続」(民法第882条)は事実から始まる為、相続対策というと相続税対策を中心に選択される傾向がありました。 「新しい選択(New Selection)NS相続対策」は 技能・技術などの無形「財産」の継承、不動産・会社などの有形「財産」の承継、分割、組換えを家族で 「想い」を重
『相続対策は家族で想いを重ねる夢プラン』の画像

↑このページのトップヘ