鹿児島相続対策研究会

鹿児島相続対策研究会(「鹿相研」)の相続対策の取組紹介
「相続」は事実の選択、「相続対策」は家族による「重なる想い」への新しい選択
「相続対策」は家族で想いを重ねる「夢プラン」…だから家族信託
NewSelection…NS「相続対策」…いつかは相続、だから事前の相続対策…

鹿児島相続対策研究会 イメージ画像
いつかは相続、だから事前の相続対策…

民事(家族)信託

信託とはどういうものなのでしょうか信託とは、信託契約書、遺言、公正証書その他の書面又は電磁的記録でする意思表示の方法で、、特定の者が一定の目的に従い財産の管理又は処分及びその他の当該目的の達成の為に必要な行為をする事をいう(信託法第二条)と定義されています
『民事(家族)信託とは何でしょうか?』の画像

家族信託は財産を管理・利活用し資産を承継できる機能を制度して実現可能とする枠組みを持つ法です。図示事例は施設利用費などの支払いを実現その他には例えば、財産管理が出来ない認知症の配偶者や障害を有する子などの受益者の為に、信託財産を、信頼できる家族を受託者と
『民事(家族)信託の基本』の画像

信託の仕組みと特徴は次の様になります。信託法(信託法第1条~第271条)(1)受託者は信託財産の所有権を取得(2)受益者は受託者へ信託目的に沿った管理処分に対して請求権を有する(3)信託財産は債権者等にたいして独立機能を有する(信託財産に属する財産に対する強制執行等の制限

今後の高齢化の進展による認知症リスクや病気等により寝たきりリスクの増大や少子化・核家族化の進展によるニート、引きこもり、障害者、独身、子なし等の家族の在り方の変化や相続への対応など財産管理、資産承継等の対応が問題となってきています。民事(家族)信託にはこう

先に述べましたように家族信託とは、個人の財産管理や資産承継を目的とした信託方法です。「条件付き贈与機能」と「財産管理機能」を有する極めて有効な方法で、この贈与や財産管理を信託契約により自由に付加する事が可能となるという事が最大の特徴です。家族信託事例上図
『民事(家族)信託の具体的な事例』の画像

↑このページのトップヘ